恋愛心理学講座 恋愛テクニック25

夢を話題にする

直江の恋愛心理学講座恋愛テクニック 1〜40>恋愛テクニック25

恋愛テクニック
《夢を一緒に語ると、好感度UP》


 夢や希望を話題にしてみましょう。
 そして、そのとき、彼の夢を肯定してあげましょう。

 そうすることで、2つの効果があります。

1.話題そのものが、ポジティブなので、気分がよくなる。
2.彼の自己是認欲求が満たされる。


 一つ目についてですが。
 ポジティブな話題は、夢・希望に限らず、話していると気分が良いものです。
 気分の良い話で、盛り上がれれば、お互いがより親しくなれます。

 さて
 二つ目の「自己是認欲求が満たされる」についてですが。

 夢を話題にする上で、これが、とても重要です。

 彼の夢を否定したり、
 「ふ〜ん」と聞き流したりしないようにしてください。

 「いいね。それ」
 「かっこいいなあ〜」
 「ああ。きっと叶うよ」
 という感じで、必ず、うなずいてください。

 そして、あなたの夢や希望を語ることよりも、彼の話を聞いてあげてください。
 (あなたの夢を語ることも重要です。が、まずは、彼の話をじっくりと聞いてください)

 女性は、その場を楽しむ
 男性は、先を考える

 という男女の性質があります。

 女性は、現実的であり、今あるものに価値をおきます。
 男性は、自分の手で何かを達成するということに価値をおきます。
 (そういう傾向があるということです)

 なので、
 夢にも男女の違いが明確にあらわれます。

 小学校の女の子に、聞くと
 「お花屋さん」「幼稚園の先生」「看護婦(看護士)さん」などと答えます。
 具体的、かつ実現可能な内容です。

 一方、男の子をみると
 「ウルトラマン」「仮面ライダー」「冒険家」「プロ野球の選手」などと答えます。
 実現可能という点からいくと、マシなのは、プロ野球の選手くらいでしょうか。(笑)

 男性は、10歳だろうと、20歳だろうと、夢に関してはそれほど違いはありません。
 もちろん、仮面ライダーを目指す人はいないでしょうが。

 なので、女性からすると、バカバカしく聞こえるかもしれません。
 実際、たんなる妄想のたぐいが多いのです。

 なので、「ふ〜ん」と聞き流さないでください、と注意したのです(笑)。

 ちなみに
 わたしが、25歳の時、つきあっていた彼女に語った夢は
 「10年後お金持ち計画」
 です。
 わたしは、10年後には、お金持ちになっている、という話です。
 わたしが、その彼女と楽しくお付き合いできたのは、この話をバカにしなかったからです。
 おもしろそうに、私の”妄想” を聞いていてくれました。すばらしい女性でした。はい。(笑)

 え〜と、話をもどしますね。
 女性が男性の夢を肯定したことで、すばらしい一生を送った夫婦もいます。

 だいぶ昔の人ですが
 山内一豊とチヨの夫婦です。
 豊臣秀吉などの時代の戦国武将です。
 2006年度のNHKの大河ドラマで放映されてますね。
 「功名が辻」という題名です。

 山内一豊とチヨが夫婦になった初夜のことです。
 チヨ「だんなさまの夢はなんですか」
 一豊「一国一城の主になることじゃ」
 チヨ「ならば、チヨもその夢を自分の夢といたします。
     わたしも一緒にだんな様の夢を叶えとう存じます」
 だいたいこんな内容の会話があったと思うのですが。

 こうして、山内一豊は、妻チヨの応援を得て、出世していくことになります。

 この夫婦の仲は、常に円満です。小さな喧嘩はあっても、深いところで、二人は信頼しきっていました。
 このようなよい夫婦関係を築くことができたのも
 夫の夢を肯定したことが大きいのです。

 男は、自分の夢を認めてくれる人を信頼してしまうところがあります。
 好きな人の信頼を得るためにも、夢を語り合い、うなずいてあげてください。

 女性は、今あるものだけを見てしまいがちです。
 将来の彼の姿も見てあげてください。

 彼をささえるのもあなたの役目です。あなたにしかできない仕事です。
 一豊の妻チヨのように、一緒に苦労することをいとわないようなら、最高の関係(恋人・夫婦)を築けるでしょう。

 ちょっと真面目すぎたかな・・・(笑)。


TOPへ 直江の恋愛心理学講座

直江の恋愛関連サイト&ページ
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ! >
  1.恋愛・人間関係のテクニック  2.モテる男になるために。  3.モテる女になるために。
ジョセフ・マーフィーの法則の本
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

資産運用 健康・能力開発 管理人 直江宝太郎  リンク集

(C) 直江の恋愛心理学講座