恋愛心理学講座 10

認知不協和理論

直江の恋愛心理学講座恋愛心理学講座 1〜40>恋愛心理学講座10

 認知的不協和理論とは
 ”心の中にある矛盾を解消しようとする心理作用”のことです。
 言動や感情などに、辻褄(つじつま)をあわせようと働く心理です。

 普通、好きな人には、プレゼントしたり、助けてあげたり、こちらが何かしてあげようとします。
 嫌いな人には、そういう行動を起すことはありません。

 そこで、あなたが仕事の手伝いを頼まれ、それを受けたとします。
 あなたの心(無意識)のなかでは、

 「何故、手伝うことを了解したのだろう?」
  ↓
 「嫌いな人を手伝うはずがない」
  ↓
 「自分は、この人が好きなのだ」
  ↓
 「そうでなければ、自分の行動は、矛盾する」

 という心理が働きます。

 そういう心理的矛盾を解決しようと
 いつのまにか、あなた自身が、自分の行動に納得いく説明を考えてしまうのです。

 女性は、人とコミニュケーションをとることが好きだし、また男性より上手いと感じます。
 女性同士が集まれば、ものすごい勢いでしゃべっていいるし・・・。(笑)

 女性は、他人に「お願い」することが上手いと思う(わたしの思い込みか?(笑))のですが、
 人と仲良くするコツ、好意を持ってももらうコツを知っているのではないかと感じることがあります。


 ちなみに、認知不協和理論は
 心理学者フィスティンガーの考えた有名な理論です。

 これは、世の中のあらゆる状況に対応している理論で、恋愛に限った事ではありません。
 たとえば、
  ・喫煙者の自己正当化。
  ・自分の考えを否定されたとき、否定したヤツがバカだと納得すること。
  ・購入した商品に悪評が立ったとき、良い所を探して納得すること。

 さて、次回は、恋愛に悩む女性が一番知りたい男心について、話てみましょう。


TOPへ 直江の恋愛心理学講座

直江の恋愛関連サイト&ページ
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ! >
  1.恋愛・人間関係のテクニック  2.モテる男になるために。  3.モテる女になるために。
ジョセフ・マーフィーの法則の本
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

資産運用 健康・能力開発 管理人 直江宝太郎  リンク集

(C) 直江の恋愛心理学講座