恋愛心理学講座 8

印象操作の心理

直江の恋愛心理学講座恋愛心理学講座 1〜40>恋愛心理学講座8

 それでは
 印象操作について、お話します。

 ”自分の印象を、相手の好みに合わせて操作する心理”のことです。

 これは
 頻繁に行われており、しかも恋愛に限った事ではありません。

 相手に好意をもってもらおうと思えば、相手の考えに合わせようとするのは当たり前の心理です。

 自己是認欲求があるように、
 Yesという返事を、非常に期待しているのが人間です。

 あなたに気に入られたいと考えれば
 あなたのことを肯定する言動をとるものです。
 イエスマンの心理です。

 イエスマンというと、良いイメージではありませんが、イエスマンに徹することは、気に入られる方法としては、一番てっとりばやい手です。

 そして
 恋愛に対しては、だれもが、イエスマンになってしまうのです。

 心理学の実験で、こんなのがあります。

 プリンストン大学の女子学生に、自分は、キャリア志向か、家庭志向か確認します。

 その中の
 キャリア志向と答えた、女子学生に実験をおこないました。

 このキャリア志向の女子学生には、第一印象に関する実験として参加してもらいます。

 まず、あいての男性のプロフィールが渡されます。
 「21歳。身長183センチ。同じプリンストン大学3年生。趣味は、ドライブとスポーツ。恋人募集中。理想的な女性は、物腰が柔らかく家庭的で、人前では夫をたてる女性(すなわち家庭的な女性が好み)

 さて、「あいてに、あなた方の情報を渡すので、質問用紙に記入してもらいたい」と説明し、女子学生に質問に答えてもらいます。

 その質問には、女子学生には分からないように、「キャリア志向か、家庭志向か」を判別する質問が入っています。

 その質問への回答を分析したところ
 「家庭志向」となる回答をした女子学生が多かったのです。

 キャリア志向であるといっていた女子学生が
 かっこいい男性の好みが「家庭志向」であれば、あっさり、意見をかえてしまうのです。

 好意をもってもらいたい人には、その人に、合わせるという無意識的な行動です。

 こういう当たり前の行動でも、科学的に確かめていくのが、心理学です。

 以前
 「スピード」という映画見ました。キアヌ・リーブスがでている1作目のヤツです。

 「スリルのある状況で生まれた恋愛は、長続きしない」というような台詞がありました。

 そういうスリルが恋愛に変わることを、錯誤帰属といいます。
 次回は、その話をします。


TOPへ 直江の恋愛心理学講座

直江の恋愛関連サイト&ページ
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ! >
  1.恋愛・人間関係のテクニック  2.モテる男になるために。  3.モテる女になるために。
ジョセフ・マーフィーの法則の本
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

資産運用 健康・能力開発 管理人 直江宝太郎  リンク集

(C) 直江の恋愛心理学講座