恋愛心理学講座 7

自己開示と好意

直江の恋愛心理学講座恋愛心理学講座 1〜40>恋愛心理学講座7

 さて
 前回、返報性の心理について話をしました。

 この返報性という心理は、人間関係のいろいろな心理に影響します。
 例えば、「自己開示をすると好意的になっていく」ということがあります。
 これも返報性の影響です。

 自己開示とは
 自分の内面を話すことです。プライベートなことや、思想、個人情報などです。

 他人には、めったに話さないことを話すと、恋愛感情は深まります。

 普通、好きになった人には、ホントの自分を理解して欲しいと思うものです。
 そして、あいてが、真剣に受け止めてくれた時、あいてのことをもっと好きになっていくのです。

 自己開示というのは
 どちらかが一方的になされるものではありません。
 返報性の心理が働いて、自己開示しあうのが普通です。

 恋人になるには
 お互いが、自己開示をしていかなくてはなりません。
 お互いが、あいてのことを理解しあっていくことが、愛情を深めるのです。

 心理学の実験によれば
 自分の個人情報を開示すればするほど、あいてへの好感度は増します。 
 逆に、あなたの個人情報を得るたびに、あいては、あなたへの好感度を増します。

 ただし、これには性差があります。
 女性は、男性より、自己開示をたくさんします。

 また、自己開示の動機についても性差があります。
 男性の場合は、その女性と仲良くなりたいという動機が強く、
 女性の場合は、開示しあうことそのものを楽しんでいるようです。

 なので、話をしていくうちに
 だんだん好きな気持ちが高まってくるのは、女性のほうが多いようです。

 それから、自己開示はすればするほど、相手は、あなたのことを好きになっていきます。
 好きになって欲しければ、自己開示をしていきましょう。
 もちろん、いきなり、深い自己開示をすると、相手が引いてしまう場合がありますので
 徐々におこなう方が無難です。


 さて、次回は
 印象操作について、お話します。


TOPへ 直江の恋愛心理学講座

直江の恋愛関連サイト&ページ
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ! >
  1.恋愛・人間関係のテクニック  2.モテる男になるために。  3.モテる女になるために。
ジョセフ・マーフィーの法則の本
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

資産運用 健康・能力開発 管理人 直江宝太郎  リンク集

(C) 直江の恋愛心理学講座