恋愛心理学講座 6

返報性の心理

直江の恋愛心理学講座恋愛心理学講座 1〜40>恋愛心理学講座6

 常に自分のお願いばかり聞いてもらっている
 自分のやりたいことにつきあってもらっている

 こういう一方的なお願いをしている状態は、なんとなく嫌なものですよね。

 心理的報酬という考えが心理学にありまして
 ”自分だけが心理的報酬を得ている状態をさけようとする心理”です。
 いいかえると
 ”受けた恩は返したくなる心理”です。

 類似性のある人と一緒にいることは、心理的負担が軽くなるのです。
 あいてに心理的負担をかけないですむことが多いのです。

 たとえば
 あなたの趣味が登山だとします。
 あなたが好きになった人が、まったく登山が好きでなかったら、
 好きになった人をほっぽって、登山仲間と休日に山へ行くなんってことになるでしょう。
 また強引に、彼を登山に誘うこともあるかもしれません。

 どのパターンでも、心理的負担は大きいですよね。
 そのどちらのパターンも選択しにくいです。

 なので
 人間は、類似性のある人に好意を持ちやすいのです。
 自分のやりたいことを、好きになった彼と一緒にできるし
 お互いに興味関心のある話題も豊富です。
 無理して、つきあってもらうことがなければ、”お願い”や”お誘い”もしやすいものです。

 近くにいる人を好きになるのは、「頼みごとがしやすい」ということがあるからですが。
 これも、返報性の心理の働きが影響しているからです。
 そして、実は
 頼みごとをすることは、恋愛に発展させる重要なポイントの一つなのです。
 このことは、別なページでお話しますね。

 さて
 この返報性(恩を返したくなる心理)は、感情のバランスをとろうとする心理なわけです。

 無理なお願いをしている
 頼みごとばかりしている
 このような状態では、あいてに、負担をかけるので、「なにか、相手の喜ぶこともしなくては」と考えてしまいます。これは、自分への心理負担を軽減しようという「感情バランス」の働きなのです。
 しかし、もっと
 直接、心理的に恩を受ける状態もあります。

 「好意」を受ける場合などです。

 ”好意を受ければ、好意を返す”
 ”好きになれば、好きになってもらえる”

 というように
 心理的に「ギブ&テイク」を行おうとするものです。
 これを、とくに「好意の返報性(または互恵性)」といいます。

 「好意の感情のバランスをとろうとする」心理作用です。

 かんたんに言うと
 好きになってくれる人を、好きになる

 という心理です。

 「好意のギブ&テイクは、人間関係、とくに恋愛関係の基本」です。

 あなたが、好きになれば
 あいても、あなたを好きになります。

 なので、相手に恋人がなくフリーであるなら、
 あなたの気持ちを伝えれば、恋愛に発展する確率は、かなり高いのです。

 自分が好かれていると分かれば、その人を無視することは出来なくなります。そうして、あいてを気にしていると、だんだん好きになってしまうのです。

 こんな実験があります。
 事前に、あいてが自分に好意を持っていると知らされている場合と、
 事前に、あいてが自分を嫌っていると知らせれる場合
 相手に対する印象に違いがでるか調べたものです。

 好意を持っていると知らせれている場合
 あいての印象は、リラックスできる楽しい人という好印象になります。

 嫌っていると知らされる場合
 不安で楽しくないという印象になります。

 自分のことを好きなことが分かっている相手には、よい評価をします。好意的にあいてを見るということです。

 さて
 この返報性という心理は、人間関係のいろいろな心理に影響します。
 例えば、「自己開示をすると好意的になっていく」ということがあります。
 これも返報性の影響です。

 次回、このことについてお話していきますね。


TOPへ 直江の恋愛心理学講座

直江の恋愛関連サイト&ページ
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ! >
  1.恋愛・人間関係のテクニック  2.モテる男になるために。  3.モテる女になるために。
ジョセフ・マーフィーの法則の本
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

資産運用 健康・能力開発 管理人 直江宝太郎  リンク集

(C) 直江の恋愛心理学講座